足球现场直播,足球直播360

言語聴覚学科

Department of Speech, Language and Hearing Therapy さいたま岩槻キャンパス

カリキュラム

※図表が途中で切れている場合は横にスクロールしてご覧ください。

※画像をクリックすると拡大します。

4年間のスケジュール

卒業までに必要な単位数 128単位

※自由選択科目...所属学科の全科目のほか、他学部?他学科の開放科目、さらに放送大学の科目から自由に選択。各自の学習研究?進路に必要な知識?技能を習得することができます。

シラバス

?カリキュラムは若干変更される場合があります。

PICK UP 授業
  • 聴覚リハビリテーション学I?Ⅱ
    聴覚リハビリテーション学Ⅰ?Ⅱ

    聴覚検査および聴覚補償の方法、言語指導の考え方と方法について講義と演習で学びます。

  • 発声発語リハビリテーション演習Ⅲ
    発声発語リハビリテーション演習Ⅲ

    運動障害性構音障害と吃音の症状を理解し、治療法や評価法、検査に必要な基礎理論を学習。

  • 言語聴覚療法基礎演習

    現場で働いている先輩などが、言語聴覚士の仕事や4年間の学びについて講義します。

  • 発達期言語?コミュニケーションの問題と介入
    (理論Ⅰ~Ⅲ、演習Ⅰ~Ⅲ)

    子どもの言語発達の遅れの原因や症状を理解し、評価から指導までの一連の流れを理解します。

言語聴覚学科:授業レポートを見る